男女

故人が残した遺品は業者に任せて片付け|遺品整理をスムーズに行なう

多くある遺品

作業員

遺品が多くあって整理ができなかったり、思い出に浸ってしまい整理ができなかったり、遠方に住んでいて遺品整理ができないといった、芦屋の人たちもいます。遺品整理業者に依頼して整理を行ってもらえば、すぐに遺品の整理を行うことができます。

詳細を読む

ゴミ屋敷を片付ける

和室

尼崎では、住む人がいなくなったゴミ屋敷にホームレスが入り込み、火事を出してしまった事件が発生しています。ゴミ屋敷の相続人に延焼被害の賠償責任が生じる可能性がありますので、注意が必要です。そのような事態に陥りたくないのなら、遺品整理業者に依頼してゴミ屋敷を一刻も早く片付けてしまうに限ります。

詳細を読む

思い出を整理する

ダンボール

遺品の中にはとても大切な物が含まれている可能性がありますので、よく確認してみてから処分することが大切です。身内だけではチェック作業まで手が回らないという場合は、遺品整理業者を利用するとよいです。兵庫県内で営業する遺品整理業者の数はかなり増えていますので、業者探しで苦労する心配はありません。

詳細を読む

故人の住居を片付ける

段ボール

専門業者を利用する

進学や就職をきっかけに親元を離れ、そのまま実家から遠く離れた場所を生活拠点にしてしまう人が大勢います。今は通信網が発達していますので、多少離れた所に住んでいたとしても日常的に連絡を取り合うことができます。ただし、仕事や家事の都合があるため、実際に足を運ぶことはなかなかできないのが実情です。特に困るのは実家で暮らしていた親が亡くなった時です。葬儀や遺品整理を行うために実家まで出向く必要がありますが、長期滞在することはできません。そのため、葬儀の方はともかくとして、遺品整理については専門業者に任せてしまう人が増えました。個人的に家一軒分の遺品整理を行うとなると、一度や二度足を運んだくらいでは作業を終えることなど到底できません。場合によっては、片付けを全て完了させるのに数年かかってしまうこともあります。しかし、専門業者を利用すれば、短期間で遺品整理を終えることができます。

現場の立ち会い

多くの遺品整理業者が、原則的に依頼人の現場立ち会いを求めています。それはトラブルの発生を回避するためなのですが、事情があってどうしても作業現場に立ち会うことができない依頼人もいます。一日で作業が終わるケースがほとんどなので、多少無理をしてでも立ち会うようにしたいところですが、どうしても無理な場合は立ち会い不要の業者を利用するとよいです。遺品整理業者の中には、依頼人の立ち会いを必須条件にしていないところがあります。現場で作業を監視していないと高価な遺品を盗まれてしまう心配が出てきますが、作業現場を撮影して、後から依頼人に見せてくれるシステムになっている業者がいます。言い方は不適切かもしれませんが、監視カメラの前で作業してくれるようなものなので、トラブルの起こりようがありません。また、事前に念入りな打ち合わせを行ってくれますから、残しておくべき品物を誤って処分されてしまうこともありません。ただし、立ち会いなしで作業してくれる業者は限られていますので、業者のサービス内容をよく調べてみる必要があります。