ゴミ屋敷を片付ける|故人が残した遺品は業者に任せて片付け|遺品整理をスムーズに行なう
花

故人が残した遺品は業者に任せて片付け|遺品整理をスムーズに行なう

ゴミ屋敷を片付ける

和室

維持管理責任があります

年をとるにしたがって物を捨てられなくなってしまう人が多いですが、それが行き過ぎると家がゴミ屋敷になってしまいます。親が亡くなってゴミ屋敷を相続したものの、素人には手に負えない状態になっているため、そのまま片付けずに放置している人がたまにいます。しかし、放ったらかしにしておくと近所の人に迷惑がかかってしまいますので、なるべく早く片付けるようにした方がよいです。尼崎はお世辞にも治安がよいとは言えない場所です。実際に、尼崎にある無人のゴミ屋敷にホームレスが入り込み、火事が起こってしまったことがあります。日本の法律では、近隣の延焼被害を火元の家の持ち主は賠償しなくてもよいことになっています。ただし、それは持ち主に重過失がない場合だけです。ゴミ屋敷を放置していた場合は、持ち主に重過失責任が認められる可能性が高いため、注意が必要です。莫大な賠償金の支払い義務を背負い込みたくないのなら、早く片付けてしまうのが一番です。

片付けてくれる業者とは

尼崎には不用品回収業者がたくさんいますが、不用品回収業者に頼めるのは不用品を回収する作業だけです。足の踏み場もないほどグチャグチャになった室内から荷物を運び出す作業まではやってくれません。そういった作業も全部ひっくるめて引き受けてくれるのは、遺品整理業者です。尼崎には数多くの遺品整理業者がいますが、その中にはゴミ屋敷の遺品整理プランを用意している業者がいます。もちろん、尼崎で営業している全ての遺品整理業者がゴミ屋敷の片付けに対応しているわけではありませんが、インターネットを使って探してみれば割りと簡単に対応業者を見つけ出すことができます。ゴミ屋敷を放置しておくリスクが、ホームレスの侵入に尽きるわけではありません。悪臭や害虫、ネズミなどが大量発生したり、積んでいるゴミが崩れ落ちて通行人に怪我を負わせてしまったりするようなこともあります。そのままにしておいても何もよいことはありませんので、遺品整理業者に頼んでサッサと片付けてしまうのが望ましいです。